高脂血症

高脂血症

【高脂血症とは】


 高脂血症というのは、血液中のコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことです。
血液中の脂肪が異常に増えても、自覚症状はありません。
 放置したままでは、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜り、動脈硬化を起こします。
 ところが、動脈硬化になってもまだ自覚症状がありませんが、さらに、それも放置すると、脳梗塞や胸部、腹部の大動脈瘤、心筋梗塞、狭心症を起こしてしまいます。
 また、日本人の死因の第2位と3位を占めているのは、狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病と、脳出血や脳梗塞などの脳卒中ですが、これらはどれも、動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。
 死因の第1位はがんですが、心臓病と脳卒中を合わせると総死亡の約30%を占めるので、動脈硬化を防ぐことはとても重要です。
さらに動脈硬化は、高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因となります。
 動脈硬化というのは、心臓からからだの各部分へ血液を運ぶ動脈が硬くなるものです。動脈の内側の壁にコレステロールがたまって血管が盛りあがって狭くなり、それとともに血管が硬くなってもろくなり、血液が流れにくくなったり、血栓がつまりやすくなります。また、高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因にもなります。動脈硬化はさまざまな危険因子が重なり合って起こります。そのため、それらの危険因子を除いていけば、ある程度防げます。
 高血圧が動脈硬化の大きな危険因子の一つだということはよく知られていますが、高脂血症も重大な危険因子です。
ですから高脂血症は、自覚症状がなくても、早期発見、早期治療が重要です。

【高脂血症の治療】


 高脂血症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上になって、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう疾患です。 血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが大切です。
 心臓の冠動脈の病気などの明らかな動脈硬化の病気がない場合には、高脂血症の治療は「生活習慣の改善」と「薬物療法」が基本となります。
 内容としては、「禁煙」「食生活の改善」「適正体重の維持」「適度な運動」です。
特に重要なのが食事(食事療法)で、これは「適正体重の維持」とも深く関わってきます。
 高脂血症を防ぐ食事の基本としては、
 「栄養バランスのよい食事をすること」「摂取総エネルギー量を抑える(適正な体重を保つ)こと」
 「飽和脂肪酸(おもに獣肉類の脂肪)1に対して不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪や魚の脂)を1.5~2の割合でとる」
 「ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとる」「高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える」
 「砂糖・果物などの糖質の摂取を減らす」「飲酒を控える」などがあります。