健康教室
開催しました健康教室の様子です  ※写真はプライバシー保護の為、一部加工してあります。






  第103回健康教室
  「熱中症とその予防」




ご参加ありがとうございました。



平成29年7月26日に開催
  講師は園田内科医でした。


《水分の必要量》
汗は体を冷やすのに必須
  ー室内で500mlの汗が出る
  -夏の屋外2~3Lの汗が出る
食事(水分1L)の他に
 ペットボトル(中)
  室内で2本(1L)
  外出時6本(3L)が必要



食事は最大の水分源です!!
しっかり食べて、意識して水分を
取りましょう!!





  第102回健康教室
  「便秘について」

平成29年6月30日に開催
  講師は梶原薬剤師でした。




《便秘のケア》
毎朝、一定の時間にトイレに行く等、
 規則性をつけましょう
散歩など無理のない適度の運動を毎日
 の生活リズムの中に組み込み継続する  
 ことを心がけましょう

食事は1日3回規則正しく食べ、特に 
 朝食を摂ることは腸を刺激します。
 水分・食物繊維も十分に摂りましょう









ご参加ありがとうございました
  第101回健康教室
  「物理療法について」


ご参加ありがとうございました。

平成29年4月26日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。



ホットパック
・マイクロ波・テクトロン
ハドマー・レーザー等の効果や禁忌・
リスクについてのお話でした。

当院には他にマクター・牽引なども
ございます。


  第100回健康教室
  「喘息とアレルギー」
平成29年3月31日に開催
  講師は園田内科医でした。


《喘息の症状》
苦しい・呼吸困難
咳・たん
起座呼吸
(座ると息が楽になる)
酸欠(血液の酸素が減少)



ご参加ありがとうございました。
  第99回健康教室
  「肺炎とインフルエンザ その予防とワクチン」
 

ご参加ありがとうございました。
平成28年11月30日に開催
  講師は園田内科医でした。


《肺炎の予防》
肺炎球菌ワクチン⇒5年に1回
インフルエンザワクチン⇒毎年
   
インフルエンザ予防で、
   その後の肺炎を予防
誤嚥の予防
   喉の筋肉を鍛える
   カラオケ・おしゃべり

体の抵抗力をつける
   
食事とリハビリ・運動


  第98回健康教室
  「痛みについて」


平成28年10月26日に開催
  講師は梶原薬剤師でした。

《痛みの種類》
炎症や刺激による痛み
 (侵害受容性疼痛)
神経が障害されることで起こる痛み
 (神経障害性疼痛)
心理・社会的な要因によっておこる
 痛み(心因性疼痛)

《痛みの薬物治療》
ステロイド性消炎鎮痛薬
 アセトアミノフェン
神経障害性疼痛治療薬
オピオイド(医療用麻薬)
鎮痛補助薬
その他





ご参加ありがとうございました。
  第97回健康教室
  「筋肉と骨を丈夫にする食事」
 



ご参加ありがとうございました。



平成28年9月30日に開催
  講師は久保管理栄養士でした。

筋肉を強くするには
タンパク質・ビタミンB6・炭水化物
・脂質
骨を丈夫にするには
カルシウム・ビタミンD・ビタミンK



筋肉・骨を強くする+
肥満や痩せすぎを防ぐ、バランスの良い食事をしましょう!!








  第96回健康教室
  「変形性膝関節症のリハビリ」
 
平成28年7月28日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。



<脚あげ体操>
1.ベッド・マットなどの上にあおむけに
 なる
2.片方の膝を曲げ、反対の膝は伸ばす
3.伸ばした方の膝を、息を吐きながら
 ゆっくりと10cm程度持ち上げる
4.上げた状態で5秒程度とめ、ゆっくり   
 おろす
5.3~4を10回繰り返す
6.反対側の脚も同様に行う


無理せず、継続的に筋力増強訓練を
行いましょう!!




ご参加ありがとうございました
  第95回健康教室
  「脱水症と腎障害」




ご参加ありがとうございました。


平成28年6月30日に開催
  講師は園田内科医でした。


意識して水分を取るようにしましょう!!

《水分補給のコツ》

飲み物をコップ半分、一時間おきに
冷たい飲み物は口の中で温めて飲む
血圧の薬(利尿剤)内服時はコップ2杯
水が飲めない時は、緑茶、麦茶、炭酸水
 でも良い
(ジュース飲み過ぎに注意!)
 

  第94回健康教室
  「認知症とその予防」


平成28年4月1日に開催
  講師は園田内科医でした。


<脳の活性化に有効な習慣>
を使った運動
会話(言葉のキャッチボール)
新聞雑誌を毎日読む
家族やペットの世話をする

<認知症予防の食生活>
脳血管を強くする
 魚中心の日本食・大豆食品
 DHA/EPA
 玉ねぎ
 ナッツ類(くるみ、アーモンド)
 
脳神経の変性を防ぐ
 クルクミン(カレー)
 オリーブオイル(オレイン酸)
 ナッツ類
 お茶(カテキン)















ご参加ありがとうございました。


  第93回健康教室
  「変形性膝関節症について」




ご参加ありがとうございました。




平成28年2月29日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。



大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)を
 鍛えましょう

正座をさけましょう
肥満であれば減量しましょう
  第92回健康教室
  「高齢者の不眠」
平成27年11月27日に開催
  講師は園田内科医でした。



80歳超えると睡眠は5~6時間で充分です
年を重ねるにつれて睡眠時間は
減ります

規則正しい食生活
朝晩メリハリ、昼間に運動
眠くなってから寝床に入り、
 起きる時刻は遅らせない


良い睡眠で、
   からだもこころも健康に




ご参加ありがとうございました。
  第91回健康教室
  「腰痛症」
  



ご参加ありがとうございました。
平成27年10月27日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。



《腰痛体操》

リラックス
  自分で最も楽な姿勢をとる
ストレッチング
筋力強化
姿勢調節
  第90回健康教室
  「高血圧を防ぐ」
平成27年9月29日に開催
  講師は久保管理栄養士でした。



《食生活上の注意点》

食塩を控えましょう
  食塩摂取量目標値
 
男性…8.0g
           女性…7.0g

肥満にならないようにゆっくりと
 腹八分目をこころがけ食べましょう
栄養バランスの良い食事
     主食・汁物・主菜・副菜

カリウムを多くとりましょう
     野菜・果物・豆類・芋類



ご参加ありがとうございました。
  第89回健康教室
  「脱水と熱中症について」




ご参加ありがとうございました。
平成27年7月31日に開催
  講師は園田医師でした。


水分は知らず知らずに皮膚や息から
約1Lが失われています。

意識して水分を取るようにしましょう!!

《水分補給のコツ》

飲み物をコップ半分、一時間おきに
冷たい飲み物は口の中で温めて飲む
血圧の薬(利尿剤)内服時は定期的に水を
水が飲めない時は、緑茶、麦茶、炭酸水
 でも良い


第88回健康教室
  「杖の使い方について」
平成27年6月30日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。


《杖の効果》
転倒の予防になります

肩の横揺れが少なくなり、安定し  ます
関節へ掛かる力が軽減されます

杖は痛くない方につきましょう!!





   ご参加ありがとうございます。
 第87回健康教室
  「胸やけについて」
平成27年5月29日に開催
  講師は梶原薬剤師でした。


《胸やけの対策として》
消化に良い食べ物を摂る
早寝早起きの規則正しい生活
腹部を強く圧迫しないようにする

胸やけした時は体を起こして水や牛乳などを飲



今回もご参加ありがとうございました
 第86回健康教室
  「慢性腎臓病とその予防」
 

平成27年3月20日に開催
  講師は園田内科医でした。

熊本は、透析患者の比率が最も多い県です!

《腎臓を長持ちさせるこつは》
1)血圧、糖尿病、コレステロールをコントロール
2)肥満の解消、禁煙、適度な運動
などメタボの治療ですが、自分でできる最も大切なことは、
水分を十分に取ること(1~1.5L/日)です。
尿が黄色~褐色のときは、水分不足です。
第85回健康教室
  「脊柱管狭窄症について」
 
   


ご参加ありがとうございます。





平成27年1月15日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。

《日常生活での予防方法》
反った姿勢をとらない
歩く時は杖や手押し車を利用し、少し前かがみの姿勢





 第84回健康教室
  「認知症予防の食生活」
 
平成26年11月27日に開催、
 講師は清田栄養士でした。

《認知症予防が期待できる食物》
オリーブオイル…脳内の神経伝達が円滑に。
卵…脳の記憶形成を助ける。脳の血圧を下げる。
胡麻…脳内の血管を丈夫にし血圧を安定させる。
お茶…カテキンに神経保護作用がある。
その他にもカレーや納豆など、気軽に摂れるものが多いので日頃から心がけて摂るようにしましょう。







今回もご参加ありがとうございました。




 第83回健康教室
  「杖の使い方」
 

ご参加ありがとうございます。





平成26年9月26日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。

《間違いやすい杖の使い方》
杖は痛くない足の方で使用します。痛い足側に杖をつく方がよくおられますが、効果が十分に出ません。
痛くない方、強い足側で杖を使用するメリット体重を支えやすい 肩の横揺れが減り、安定しやすい 痛い足を守ることにもなる





 第82回健康教室
  「知らないと危険!?夏バテ予防」
 
平成26年8月1日に開催、
 講師は園田内科医でした。

《夏バテ対策!》
基本は水分補給。こまめに水分補給を!
喉の渇きは高齢になるほど感じなくなるので、特に意識的に摂ること。
しかし、冷たい飲み物等の摂り過ぎは胃腸の働きを低下させ夏バテの原因ともなるので、冷たいものの摂り過ぎには注意しましょう。






今回もご参加ありがとうございました。




 第81回健康教室
  「お薬手帳について」
 

雨の中多くのご参加ありがとうございます。





平成26年6月25日に開催
  講師は梶原薬剤師でした。

《お薬手帳で心掛けておきたいこと》
一冊にまとめる。…眼科・歯科など他の病院のお薬手帳もまとめることで、副作用や飲み合わせのリスクも減らせます。
旅行先に持っていく。…万が一、旅先での体調不良などで病院にかかる場合に役立ちます。





 第80回健康教室
  「知っ得!糖尿病予防食 講座
 
平成26年5月16日に開催、
 講師は山本栄養士でした。

《糖尿病を予防しよう!》
糖尿病の主な原因の中には、肥満、過食・高脂肪食があります。
蒸し調理は揚げるよりも3分の1のカロリー。
豚ヒレ肉だと豚ロースの半分のカロリー。などの工夫でカロリーを必要以上に取らないようにすることもおすすめです。






今回も多くのご参加ありがとうございました。




 第79回健康教室
  「あし
むくみ・腫れ」
 

多くのご参加ありがとうございます。





平成26年3月7日に開催
  講師は園田副院長でした。

《あしのむくみ防止!》
とにかく足を動かす マッサージする
弾性ストッキングを使用する。
ハドマー(リハビリ)する
休むときに足を上げて休む。
あしは元々むくみやすく、原因も様々にあります。
原因によっては命に関わることもありますので、日々の予防と指で押してへこむかで確認を行いましょう。





 第78回健康教室
  「膝の痛み」
 
平成26年1月30日に開催、
 講師は山城院長でした。

《ひざ治療の種類》
保存療法…階段の上り降りを控える・正座を避ける等
薬物療法…内服薬の他に関節内への注射もある。
その他にO脚を矯正するなどの手術療法もあります。
多くの治療法がありますが、
医師と相談しながら、それぞれの特徴をしっかり知っていくことが大事です。







今回も多くのご参加ありがとうございました。




 第77回健康教室
  「転ばないための脳と身体のエクササイズ」
 

多くのご参加ありがとうございます。


平成25年11月29日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。

《脳を鍛えて転倒防止!》
脳の処理能力の低下が転倒に関わってきます。同時に2つの事を行う体操で脳を鍛えましょう。
脳の体操例
椅子に座る
後出しジャンケンをする
 (勝つ、負け、同じを指定してする)
足踏みや太ももを叩きながら行います

楽しみながらしていきましょう。








 第76回健康教室
  「知っ得!コレステロール講座」
 
平成25年10月17日に開催、
 講師は山本栄養士でした。

《コレステロールを知ろう!》
コレステロールが少な過ぎると、うつ病や脳出血の原因に。
コレステロールが多過ぎると、心筋梗塞・脳梗塞の原因に。

悪者扱いされやすいコレステロールですが、身体に必要なものでもあります。検査を受けて自分の身体に合ったコレステロールとの付き合い方を考えましょう。








今回も多くのご参加ありがとうございました。




 第75回健康教室 「熱中症と夏バテ」
 

多くのご参加ありがとうございます。



平成25年8月2日に開催
  講師は内科 園田先生でした。

《夏バテ対策!》
水分を1L以上摂る。
極端な温度差を避ける
冷たいものを取り過ぎない
  胃腸の働きを悪くします

毎年多くの人が熱中症になります。暑さを侮らず意識して予防しましょう。








 第74回健康教室
  「知って得する!?健康食品の豆知識」
 
平成25年7月4日に開催、
 講師は梶原薬剤師でした。

《健康食品の必要性?》
特定保健食品(トクホ)…審査し、国の許可を受けたもの。
栄養機能食品…一つでも基準に適合し製造者等の責任で表示してよいもの。

多くの健康食品がありますが、まずは自分にとって必要なものなのか。適度な運動、塩分・糖分を控える食事の改善など生活習慣の見直しが大切です。












今回も多くのご参加ありがとうございました。
 第73回健康教室 「自分でできる!筋力増強訓練」
 


多くのご参加ありがとうございます。


平成25年5月31日に開催
  講師は徳永理学療法士でした。

《筋力をつけるメリット!》
動作の被労感を改善
骨までも強くなる
関節の安定
基礎代謝を高め、肥満等の予防
など、良い効果をもたらします。

「ややきつい」と感じる程度で、無理をしない継続的な運動が効果的です。








 第72回健康教室 「知っ得!ダイエット講座」
 
平成25年4月25日に開催、
 講師は小山田栄養士でした。

《正しいダイエット知識》
肥満は血管の詰まりや膝への負担などの疾患をもたらします。
パン食よりもごはん食がカロリー低くおすすめ。
痩身エステやダイエットサプリメントは基本的に効果は実証されていません。

 自分の適正なカロリーを知り、適度な運動することが大事です。











今回も多くのご参加ありがとうございました。
 第71回健康教室 「PM2.5の健康被害」
 


多くのご参加ありがとうございます。


平成25年3月29日に開催
  講師は園田先生でした。

《PM2.5の危険性!》
PM2.5は粒子が小さいことから、
身体の奥まで入り、吸引することで花粉症の悪化、呼吸困難、心筋梗塞、肺がん率の上昇などの健康被害があります。
飛散が多い日はニュース等で注意喚起もされますので情報を得ることを心がけましょう。







 第70回健康教室 「肺炎とインフルエンザ」
 
平成25年3月1日に開催、
 講師は園田先生でした。

《身近な肺炎の脅威!》
年齢を重ねるほど肺炎のリスクは高まります。
インフルエンザを予防することでその後の肺炎を予防することにもなります。
 また、日頃からのおしゃべりやカラオケは喉の筋肉を鍛え、咳による菌を排出する力を強くします。











今回も多くのご参加ありがとうございます。
 第69回健康教室 「股関節の痛み」
 


多くのご参加ありがとうございます。


平成24年12月29日に開催
  講師は当院院長でした。

《股関節痛を知ろう!》
女性に多い股関節痛の多くは関節軟骨のすり減りが原因。
激しい運動や正座は避け、関節への負担を減らすことが大切です。

肥満の方は体重を減少に心がけるのも大事です。
水泳は関節への負担が少なく、おすすめの運動です。







 第68回健康教室 「転ばない歩行」
 
平成24年11月29日に開催、
 講師はリハビリ科でした。

《毎日の歩き方に注意!》
ポイント
◯背筋を伸ばす。
◯少し大股で歩く。

歩くことはカロリーを消費させるのにもとても良い運動です。
上の2つのポイントに気をつけ、健康的に歩きましょう。

詳しくは当院2階リハビリ室までご相談下さい。










今回も多くのご参加ありがとうございます。
 第67回健康教室 
「糖尿病の最新治療」
 


多くのご参加ありがとうございます。


平成24年10月31日に開催
  講師は内科 園田先生でした。

《新しい糖尿病治療!》
 ●新薬の登場
 ●糖質制限食
 ●早期インスリン療法 など
従来と違った治療方法が生み出されています。
気になる方は、是非ご相談下さい。

高血糖や肥満を防ぐ食事のコツ
・野菜から先に食べる。
・時間をかけて食べる。などがあります。


 第66回健康教室 「口腔ケア」
 
平成24年9月27日に開催、
   講師は看護課でした。

《口腔運動をしよう!》
①鼻から息を大きく吸って
     しっかり止める。
②だ液をゴックンと飲み込む。
   (アゴは上げない。)

この運動は食べ物、異物が気管内に入るのを防ぐ運動です。
一例ではありますが、たまにでもいいのでやって みて下さい。








今回も多くのご参加ありがとうございます。
 第65回健康教室 
「糖質ゼロ・カロリーオフの知られざる秘密」
 
平成24年8月30日に開催
講師は栄養課でした。

《成分表を確認しよう》
「甘さ控えめ」などの表示だけを頼るのではなく、裏にある成分表示を見比べることが大事。また、人工甘味料は身体に良いわけではないので、摂り過ぎには注意。


 第64回健康教室 「熱中症と夏バテ」
 
平成24年7月5日に開催
講師は当院内科の園田先生でした。

《夏の脅威 熱中症予防!》
 1リットル!これは動いていなくても人が一日に失っている水分量。汗をかく人はより多くの水分が必要です。
心がけて水分補給。


 第63回健康教室 「骨粗鬆症のお薬について」
 
平成24年5月31日に開催
講師は薬剤師の梶原先生でした。

《骨粗鬆症 治療!》
 日本での骨粗鬆症の推定人口は約10人に1人。骨に良いとされる食物や、様々な薬による治療、転びにくい靴選び等、普段の生活からいかせる教室でした。


 第62回健康教室 「がん予防の食事」
 
平成24年4月27日に開催
講師は管理栄養士の小山田先生でした。

《食事でがん予防!》
代表的な食材として、にんにく、キャベツ、人参、大根など効果的な調理方法も交え楽しくお話頂きました。


 第61回健康教室 「長引く咳と喘息」
 
平成24年3月29日に開催
講師は内科の園田先生でした。

咳の役割や、他の病気との関連性、喘息が子どもだけの病気でないことなど、身近な「咳」について話をして頂きました。



 第60回健康教室 「フクシマの真実と内部被曝」
 
平成24年1月26日に開催
講師は内科医の小野俊一先生でした。

放射能による環境汚染の実態、熊本への影響、これからの先行き等について質疑応答も交えお話いただきました。




       《 過去の健康教室はこちらから 》







※画像はプライバシー保護の為、一部加工してあります。